ブラックカードの魔力

ブラックカード

ブラックカード-Wiki
最短最速アメックス最高峰カード取得方法

「ブラックカード」のステータスをより分かってもらうために
長年アメックスの会員でありセンチュリオンホルダーの方の体験談、
これぞブラックカードと言うお話をご紹介しましょう。



こんにちは、ブラックカード叶(仮名)です。

少し前まで私は、クレジットカードなんて全く興味がなく、
なぜどんどん普及しているのか不思議で理解できませんでした。


興味がないと言っても仕事がらセンチュリオンを含め数枚は
自分でも持っていましたが、
私生活ではほとんど使うことなく毎日を過ごしていました。

そんな何の変哲もない普通の日常生活を送っていたある日の事です。

古くからの友人が結婚すると言うので、
急な知らせに大変驚いたのですが昔からの馴染みとして、
お祝いに家具をプレゼントしようと思いました。

私の中で家具は大変高級品で、
いつも現金払いの私でもさすがにそれだけの現金を持ち歩くのも
気が引けたので、
久し振りにセンチュリオンを使ってやろうと思い買い物に出かけました。

今まで家具なんて自ら買いに行ったことがなく、
はたしてどこに行けばいいのかもよくわからなかったので、
家具に詳しい知人にお勧めの店を教えてもらい、そこに向かいました。

さすが、一流高級店。
目の前に来ると圧倒されそうなたたずまいでした。

早速店内に入ると、店内にお客がいるにもかかわらず接客している様子はなく、
上品そうな店員がお高くとまってある種の威圧感をだしていました。
まあ私は、その店のオーナーでもないのでそんな事は気にせず品定めを始めました。

そして、あるソファーに目を付けこれに決めようかと悩んでいた時なんですが、
クレジットカードが使える店には必ずあると思っていた、
クレジットカード使えます的なシールが店内のどこを見回しても見当たらないのです。

今回はクレジットで支払おうと決めていたので、当然手持ちもなく、
買わずにこのまま出ていくこともなんか嫌だったので、そのお高くとまった店員に私のセンチュリオンを見せながらこのカードは使えるか聞いてみたのです。


すると、急に態度が一変し
上司を呼ぶので少し待ってほしいとの事、
私は戸惑いました。


何か悪いことをしたんだろうかと少し不安になり待っていると、
その店のマネージャーなる人物が名刺を出して奥から出てきました。

そしてもう一度自分のカードを見せ、これは使えるのか聞こうとすると、
「他のお客様が大勢おられますので、
もしよろしければこちらのお部屋でごゆっくりご覧ください。」
となぜかVIPルームに通されたのです。


まだこの時私は事態を理解していませんでした。

VIPルームに入るとフルーツとシャンパン的なものが用意されており、
私はお酒は飲めないと伝えるとすぐに、紅茶に変えてくれて、
「ブラックカード叶様、気になる商品があれば、
全てこの部屋にご用意させて頂きますのでお申し付けください。」との事です。


ようやく私は事態が飲み込めました。

そうなんです、このVIP待遇は全て、「センチュリオン」のおかげなんです。
それからの買い物は大変気分が良く、少し気になると言えば大きいソファーでもすべてここに持ってきてくれるし、細かい説明も分り易く丁寧にしてくれる。

続きを見る

関連リンク

選ばれた人間しか持つことを許されないカード
ブラックカードの特典はまさに豪華そのものです。
ここでは簡単にご説明させて頂きます。

空港のVIPラウンジを使えるのは当然ですが、
海外旅行の傷害保険はゴールド・プラチナカードよりも高く
様々なプロテクション機能も付きます。

また、一流ホテルや店舗では常にV.I.P待遇を受けられます。
例えば、高級ホテルに宿泊すると、部屋に空きさえあれば
スイートルームへアップグレードしてくれるといった感じです。

常に、どこへ行っても最高の待遇を受けることができます。
ブラックカードゲット!遂に手にしたブラックカード♪

詳しく見る | ↑このページの一番上へ

ブラックカード取得の裏技

センチュリオン